平成30年度 厚生連 滑川病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 49 27 39 85 104 132 415 698 787 283
平成30年度中に当院を退院した患者さんの年齢を10歳刻みで集計しています。年齢は入院時の満年齢です。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
※平成30年4月~平成31年3月までの期間は「DPC準備病院」であったため、集計に必要なDファイルが存在しません。そのため、平成30年度のこの集計項目については掲載することができませんでした。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 28 - 3 17 - 7 1 7
大腸癌 4 2 5 1 4 3 1 7
乳癌 4 3 1 1 1 5 1 7
肺癌 - - 1 1 4 3 1 7.8
肝癌 3 2 2 3 - 10 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
日本人に多い5大癌(胃・大腸・肺・乳房・肝臓)の症例を初発のUICC病期(ステージ)分類別に集計ています。なお、再発癌は症例数のみを別に集計しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 26 22.81 59.73
中等症 94 35.27 85.21
重症 13 34.85 87.69
超重症 4 54.00 95.25
不明 - - -
病院外で日常生活をしていた人に発症する肺胞(はいほう:空気がたまるところ)の急性炎症です。呼吸困難などの局所症状があり,その他,発熱や全身倦怠感などの全身症状で急性に発症します。 高齢者では症状がはっきりしない場合もあります。 原因菌の多くは肺炎球菌(はいえんきゅうきん)、インフルエンザ桿菌(かんきん)で、インフルエンザ流行期ではウイルス性の肺炎も頻度が高くなります。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 35 26.17 77.23 7.14
その他 7 41.86 80.00 0.00
脳梗塞とは、脳の血管が詰まったり何らかの原因で脳の血のめぐりが正常の5分の1から10分の1くらいに低下し、脳組織が酸素欠乏や栄養不足に陥り、その状態がある程度の時間続いた結果、その部位の脳組織が壊死(梗塞)してしまったものをいいます。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 120 0.10 1.03 0.00 68.09
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 15 8.53 28.00 0.00 76.80
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 12 1.58 15.50 0.00 76.67
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 8 47.00 34.88 37.50 89.25
K6872 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴う) 8 4.50 34.75 25.00 80.25
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 25 0.60 2.24 0.00 73.00
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 24 1.17 8.33 0.00 74.54
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 16 2.38 4.31 0.00 74.38
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 12 3.83 6.58 0.00 65.75
K6335 鼠径ヘルニア手術 10 0.90 5.20 0.00 72.80
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 50 2.22 44.94 6.00 84.66
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 47 5.09 41.11 2.13 76.45
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 37 2.03 22.89 2.70 69.89
K068-2 関節鏡下半月板切除術 19 1.53 12.68 0.00 64.26
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 18 4.17 18.72 0.00 70.22
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 8 6.00 40.63 25.00 81.13
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 2 21.00 47.50 50.00 85.50
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 1 19.00 29.00 100.00 81.00
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9091ロ 流産手術(妊娠11週までの場合)(その他のもの) 14 0.14 0.50 0.00 33.21
K867 子宮頸部(腟部)切除術 4 0.00 2.75 0.00 39.00
K877 子宮全摘術 4 1.25 10.25 0.00 49.25
K9062 子宮頸管縫縮術(シロッカー法又はラッシュ法) 4 1.00 12.75 0.00 30.25
K8654 子宮脱手術(腟壁形成手術及び子宮全摘術)(腟式、腹式) 3 1.00 13.00 0.00 68.00
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 191 0.90 1.01 0.52 76.19
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 6 2.67 1.00 0.00 69.17
K214 霰粒腫摘出術 4 0.00 1.00 0.00 39.75
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合) 4 2.50 1.25 0.00 83.00
K2022 涙管チューブ挿入術(その他) 2 0.00 1.00 0.00 77.00
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) 3 0.00 1.00 0.00 51.00
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm未満) 2 0.00 0.50 0.00 31.00
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満) 2 0.00 1.00 0.00 44.00
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) 1 0.00 1.00 0.00 40.00
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) 1 0.00 1.00 0.00 54.00
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 12 6.83 9.33 16.67 82.33
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの) 7 1.14 8.43 0.00 76.00
K8412 経尿道的前立腺手術(その他) 4 1.00 10.00 0.00 73.25
K783-3 経尿道的尿管ステント抜去術 3 0.67 8.00 33.33 85.67
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 2 3.50 17.00 50.00 88.50
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 1 0.04
異なる 1 0.04
180010 敗血症 同一 5 0.19
異なる 2 0.08
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 6 0.23
異なる 2 0.08
DIC(播種性血管内凝固)、敗血症、真菌症、手術・処置などの合併症の患者数と発症率について、DPC病名(最も医療資源を投入した病名)と入院契機病名(入院のきっかけとなった病名)が「同一」か「異なる」に分けて集計しております。
更新履歴
2019/9/30
「平成30年度 病院指標」作成